青 井 阿 蘇 神 社
(人 吉 市)
国 宝

青井阿蘇神社・楼門


青井阿蘇神社・本殿

 
本殿など5棟の建造物が国宝指定

大同元年(806年)創建。建磐龍命と阿蘇津媛命、国造速甕玉神を祀り、阿蘇神社からの分霊が始まりと云われている。

鎌倉以降、当地を領した相良氏の崇敬と保護を受け、近世には青井大明神と称され、造営が行われた。
現在ある楼門・本殿・幣殿・拝殿など主要な建物は、慶長14年(1598)〜18年(1602)にかけて、相良氏20代・相良長毎(さがらながつね)によって建立されたもの。

建物の全体構造は鎌倉時代で装飾は安土桃山時代の文様。人吉球磨地方の意匠と、安土桃山時代の装飾性を取り入れた独特の様式は、南九州地方における近世神社建築に大きな影響を与えた。

茅葺の社寺建造物としては初の国宝指定であり、熊本県の現存文化財としても初の国宝指定。


“おくんち祭り”とよばれる例大祭は、毎年10月3日から11日までおこなわれ、9日の神幸行列は神輿(寛永18年・相良氏寄進)をはじめとする時代行列が街を神幸して、祭りは最も盛り上がる。

最寄交通機関:JR肥薩線・人吉駅
球磨の部屋TOP