城泉寺(城心寺)
(湯 前 町)
国指定重要文化財
城泉時・阿弥陀堂

 鎌倉初期・貞応年間(1222-1224)、久米(多良木町南部)一帯を支配していた久米氏が極楽浄土を願って建立したとされる古寺。 熊本県内最古の木造建築物のひとつ。

 明治の廃仏毀釈で廃れ無住となり、大正4年に近くの明導寺が管理するところとなり現在に至る。現存建築物は阿弥陀堂のみ。
 本当の名称は城心寺であったが、大正4年・仏像国宝指定の際に誤記され、城泉寺と呼ばれるようになった。

 阿弥陀堂にある本尊阿弥陀如来座像・両脇侍立像はともに檜材寄木造で、中央に阿弥陀如来、右に観音菩薩、左に勢至菩薩を配している。
 本尊は高さ89.3cm。霊門に7体の仏坐像を配した珍しい光背を備え、写実的でありながら優雅な曲線美を持つ。本尊・両脇侍とともに鎌倉期・球磨地方を代表する仏像彫刻のひとつ。国指定重要文化財。

 境内には七重・九重・十三重の石塔があり、こちらも国指定重要文化財。


城泉寺・石塔群
最寄交通機関:くまがわ鉄道・湯前駅
球磨の部屋TOP