平景清息女墓
(あさぎり町)

平景清の息女墓
 平景清息女墓と伝えられる墓石を奉っており、目の病気に御利益があるとされている。

「聞伝景清息女之墓此所也、享保壬寅七年(1722)那須甚七」と刻まれている。これは江戸時代に地元の庄屋が供養のため建てられたもの。


 平景清は伝承によると平氏の武将として知られ、壇ノ浦の戦いを生き抜き落ち延びた後も、源頼朝の命を狙い、死を覚悟して頼朝の目前に現われるが、頼朝はその武勇を讃えて命を助け、日向勾当に任じる。景清は平家への想いと頼朝の恩との間に悩み続け、自ら目を抉り取ったとも自害したとも言われている。

 平景清は球磨へ落ち延びたとも云われ、その娘は父のあとを追って岡原(現あさぎり町岡原)までたどり着いたとき、突然飛び出てきた黒猫に驚きゴマガラで目を痛めてしまう。

 療養のために村でしばらく滞在していたところ、通りかかった門付けの歌唄いが、
「あゝ景清は白波の、消えてあとなき海の彼方に・・・・」と歌うのを聞きいて絶望し、短刀で平家の旗を切り裂き自害して果てたという。

 村人は不憫に思い塚をつくり手厚く葬った。それ以来この地を切旗と呼ばれるようになり、この土地では娘を哀れに思って、畑にゴマを作ってもは家にゴマガラを持ち込まず、黒猫も飼わぬようになったという。

 景清と娘の伝承は各地にあり、宮崎市には景清の眼をまつる生目神社があり、あさぎり町免田には、景清の母とも恋人とも伝えられる虎御前の墓がある。

最寄交通機関:くまがわ鉄道・多良木駅
球磨の部屋TOP