青蓮寺・阿弥陀堂
(多 良 木 町)
国指定重要文化財
青蓮寺・阿弥陀堂
  青蓮寺・阿弥陀堂
 上相良氏三代・相良頼宗が鎌倉時代・永仁3年(1295)に、初代・相良頼景の菩提供養のため黒肥地・亀田山に創建したもの。寺名は頼景後室・青蓮尼に由来する。

 御堂は4面茅葺で広さ9.09m、軒高約4.48m、軒から棟まで高さ約7.58m、阿弥陀如来像と両脇侍とともに重文に指定されている。

1994年から3年間の大改修で、創建当時の姿に復元された。
最寄交通機関:くまがわ鉄道・多良木駅
球磨の部屋TOP