谷 水 薬 師 堂
(あさぎり町:旧上村)
町指定史跡


谷水薬師堂 参道 白髪岳北麓にある薬師如来を本尊とする御堂。日本七薬師のひとつといわれている。
戦国時代まで中球磨地域に勢力を誇った上村氏の菩提寺。

応永32年(1425)、引尊上人が谷水山東圓寺を創建した際に建立した金堂がその始まりではないかといわれている。また奈良時代・行基による開山説、桓武天皇勅願による六坊伽藍精舎の名残説もある。

弘治3年(1557)の相良氏による上村氏攻めで麓城(上村城)城郭内だった東圓寺は焼き討ちにあい廃寺。以後薬師堂のみが残る。
明治30年の失火による火災で御堂は焼失。焼け跡から見つかった小さな金銅の仏像が秘仏として今に伝わっている。

山門に立つ仁王像は、自分の病んでいる部分にぬれた紙つぶてを投げ当てると治癒するおまじないがある。
谷水薬師堂 参道
谷水薬師堂 御田植の準備風景、背後の山は麓城跡


最寄交通機関/くま川鉄道・あさぎり駅
球磨の部屋TOP