球磨と相良氏の歴史・中世番外2
相良長頼の武功

 相良氏(下相良氏)初代当主:相良長頼の武功を紹介します。

二俣川の戦・袖切りの鎧

 相良家の文献「御家伝書」によると、相良長頼は元久2年(1205)の二俣川の戦いが起こった際鎌倉に参勤しており参加しています。

 先陣を勤めた際、あまりに深追いするので味方の者が鎧の袖をつかんで止めたそうですが、長頼は意に介さず突撃! 味方がつかんだ袖が引きちぎれ、片袖の甲冑のまま奮戦。敵を制したといわています。
 この戦いで顔に傷を受け、甲冑の正面に突き跡が残るほどの激しい打突を受けながらもひるまなかったとか。このがんばりが球磨・人吉荘地頭職を拝命する手柄となります。

 父・頼景の冤罪をはらすには息子の手柄! 「ここぞ!」と飛び込んだのでしょう。もっとも討たれた畠山重忠は北条との権力争いによる“だまし討ち”というのも、なんとも無情な話ですが・・・・。

 長頼が身に纏っていた甲冑は“袖切りの鎧”として相良家の家宝として秘蔵していたそうですが、宝永7年(1710)火災で焼失したそうです。
 武田氏の“御旗楯無”のように残っていれば宝だったのですが・・・・・

畠山重忠について



宇治川の先陣・綱切りの太刀

 鎌倉幕府三代将軍・源実朝が暗殺され源氏嫡流の血統が絶えます。幕府は執権・北条氏主動で、源氏遠縁の公家・藤原頼経を京から招いて将軍に就任させています。(*1)
 このとき京では、朝廷の権力回復を狙う後鳥羽上皇と順徳天皇が北条義時追討の院宣を発し、反幕府勢力を官軍として承久3年(1221)5月に挙兵(*2)

 幕府は御家人を動員し京へ軍を進めます。当時鎌倉に参勤していた相良長頼は弟・宗頼(山北氏祖)、頼忠(佐原氏祖)と共に北条義房の軍に従って出陣。軍勢は京の東、近江国・瀬田で宇治川渡河を開始。長頼はその先陣に加わります。
 宇治川の川底には進軍を阻害する杭が打たれ綱を張り巡らしていました。長頼は戦いながら大綱を切って進軍し、後続の行軍を容易にしたといいます。

 承久の変は幕府軍の勝利に終わります(*3)。長頼は宇治川などの功績で幕府執権・北条義時から下文を賜り、故郷遠江・相良荘を所領として戻してもらい、播磨・飾磨郡にも領地を賜り、相良氏伸張に大きく関与したと思われます(*4)

 戦功に役立った時使った太刀は“綱切りの太刀”として知られ、備前宗吉の作・長さ二尺六寸(79.7センチ)あったといわれています。残念ながら昭和20年の鉄材供出で行方不明になったといわれています。

 あれば国宝か重文クラスかも・・・?うーん残念!?


(*1)三代将軍・源実朝の暗殺後、以後の将軍は源氏に縁のある皇族・公家を招へいして名目だけのもの
  とし、幕府は関東御家人合議組織(次第に執権・北条専制へ)と変化していきます。
(*2)直接の発端は摂津の荘園を巡る争いから起こったもの。朝廷は源氏(鎌倉)の征夷大将軍職補職と
  幕府開府は、平氏討伐の恩賞と義経討伐に与えた臨時的なものと考えていたようで、源氏の血筋
  が絶えても返上しない北条氏ら関東御家人を朝敵とみなし権力回復を試みた様である。源氏とい
  うカリスマのなくなった幕府に、全国の御家人が靡かないと考えての決起でしょうが、幕府開府
  以来約30年の体制固めが見えていない甘さからか、朝廷側に加わった御家人は少なく幕府軍圧勝
  に終わる。以降、朝廷の権限は幕府による六波羅探題開設などで大幅に制限された。
(*3)後鳥羽上皇は隠岐島に順徳天皇を佐渡に流配。計画に加わりながら、時期尚早と乱に直接加わら
  なかった土御門上皇も土佐へ、のちに阿波へ流配。その他公家や反幕勢力を処分し、没収した荘
  園などの領地約3000ヶ所を功のあった御家人に分け与えている。
(*4)相良氏は球磨のほか、恩賞で肥後・豊後・筑後・播磨・遠江などに所領がありました。鎌倉時代
  の安定期は一族が統治したと思いますが、いずれも離れており、動乱期(鎌倉末期以降)は、独立
  したり、近隣諸氏に併合されていったのでしょう。
中世1へもどる
球磨の部屋TOP
風色倶楽部INDEX