球磨と相良氏の歴史・近世番外2

続く短命・養子藩主

 江戸中期〜の相良藩は短期の藩主(当主)が続き、ゆえに不安定な治世が続きました。
ここで相良長興以降の藩主を紹介します。

 24代藩主・相良長興(ながおき)は、元禄6年(1691)2月14日、23代・相良頼福の長子として生まれます。正徳2年(1712)9月21日、父・頼福の隠居により藩主へ。
 享保6年(1721)7月11日、わずか9年で兄弟の長在に藩主を継がせ隠居します。享保19年(1734年)11月6日逝去。享年42歳。健康面に不安があったのでしょう。


 25代藩主・相良長在(ながあり)は、元禄16年(1703)3月22日(2月22日説あり)、23代・相良頼福の5男として生まれます。
 享保6年(1721)長興の隠居により藩主へ。在任中は享保大飢饉で藩財政は悪化。享保10年(1725)、家中之式制や禁制を制定する。
 元文3年(1738)、江戸からの帰国途中で発病。6月25日に豊前(大分県)・大里において逝去。享年36歳。


 26代・相良長峰(ながみね)は、享保20年(1735)9月29日、相良長在の子として生まれる。元文3年(1738)父の死去により藩主となる。
 わずか3歳の藩主であるため、幕府の処罰を恐れた家臣が生年を改竄したとも言われている。 藩存続の為とはいえ大変です〜。
 藩財政は逼迫ししており、倹約令などをおこなうが効果は無く、宝暦5年(1755)家老方発案による御手判銀制度を開始するものの門葉方・家老方の対立が激化(御手判銀事件)して混乱。(詳細は近世10参照)
 宝暦8年(1758)4月、江戸参府の途上中発病し、江戸到着後逝去。享年24歳。毒殺説もある。


 27代藩主・相良頼央(よりひで)は、元文2年(1737)7月3日(享保20年(1735)説あり)、相良長在の庶弟(母は側室)としてて生まれる。 宝暦8年(1758)に頼峰死去のため、藩主となる(頼母から改名)。
 実父・長在の子で幕府へ出生届が出されていた男子は頼峰のみだった。そのため公式には甥(長在の長女・為姫と一門の相良頼直の子)とされた。
 宝暦9年(1759)7月15日、藩別邸・薩摩瀬屋敷で鉄砲で撃たれる。8月13日(8月11日説あり)逝去を発表。享年23歳。公式には病死とされている(竹鉄砲事件)。
 相良家直系当主(藩主)は断絶(詳細は近世10参照)


 28代藩主・相良晃長(あきなが)は、宝暦2年(1752)2月20日、姻戚の日向・秋月藩主・秋月種美の四男として生まれます。
 頼央の仮養子となり、宝暦9年(1759)12月11日、頼央暗殺により(公式には病死)、藩主へ。宝暦12年(1762)2月4日、享年11歳。(詳細は近世10参照)


 29代藩主・相良頼完(よりさだ)は 公家・大納言・鷲尾隆熙の子息(*1)。宝暦12年(1762)12月15日藩主となります。
 幕府には晃長は病気が回復し頼完と改名・・・同一人物としました。公式には晃長が家督を継いだ宝暦9年(1759)12月11日に家督を継いでいたことに。跡継ぎを決めないままに藩主が死亡した場合、幕府より改易(廃藩)となる事を恐れた苦肉の工作ですね。
 しかし頼完も明和4年(1767)1月17日わずか5年、19歳で逝去。。。|||○| ̄|_

江戸期・相良家
(相良藩・藩主)系図

18
義陽(頼房)(響ヶ原の合戦)

├───┐
19   20
忠房  長毎(関ヶ原の合戦)
      (頼房)

     |
        21
       頼寛
(お下の乱)
        ├───┐
        22   |
        頼喬  長秀
         |
               23
        頼福

                |
     ┌──┤
          25  24
     
長在 長興
  ┌──┤
    27    26
   頼央 頼峰(御手判銀事件)
(竹鉄砲事件)
   ‖
    28
   
晃長(日向・秋月藩)
   ‖
    29
  
頼完(公家・鷲尾家)
   ‖
  30
 
福将(美濃・遠山藩)
   ‖
  31
 
長寛(備前・池田藩)
     ├──┐            |    32
  頼休  頼徳
         |
       33
       頼之(茸山騒動)
        ├───┐
       34     35
          長福   頼基
          |   (明治維新)
        頼紹

  ‖・・・養子



  30代藩主・相良福将(とみもち)は、美濃・遠山藩主・遠山友明の三男です。明和4年(1767)3月5日、相良頼完の末期養子となり、藩主となります。
 相良藩重臣は、初め幕府に日向・秋月藩主・秋月種武の弟・種穀との養子縁組を請願。しかし幕府は却下(*2)。その替わりに秋月種武の実弟で遠山藩主;遠山友明の三男・友充を推薦します。これに藩(重臣)も同意し、友充(福将へ改名)を迎えます。まぁ〜元は同じ秋月家の血筋ですからね。
  在任中は洪水や旱魃が相次ぎ、2万2千石の石高収入がなんと1万4千石まで減少したとされています。これは最悪です・・・・。
 そして2年後の明和6年(1769)1月12日、一度も球磨へ入国しないまま江戸で逝去。享年20歳。


 31代藩主・相良長寛(ながひろ)は、備前国池田藩主・池田宗政次男。明和6年(1769)3月5日、先代・相良福将の末期養子として迎えられます。安永3年(1774)11月15日、長泰から長寛へ改めた。
 天明2年(1782)の天明大飢饉に苦心し藩政再建は進みませんでしたが、前藩主・福将の頃に取りかかっていた文教政策を引き継ぎ、天明6年(1786)東白髪を中心として習教館を創設。天明8年(1788)郷義館を創設する。
 享和2年(1802)2月5日。庶長子・頼徳に藩主を譲って隠居(*3)。文化10年(1813)4月26日に逝去。享年63歳。


 ここでようやく藩主が養子でない継続ができました。よかった〜(;´∀`)


 32代藩主・相良頼徳(さがらよりのり)は、安永3年(1774)5月16日、第11代藩主・相良長寛の庶長子として生まれる。寛政5年(1793)1月28日に跡継に指名。2月5日父の隠居により家督を継いで藩主となる。
 藩政では田代政典を家老に登用し財政再建を目指す。文化4年(1807年)、五人組制度の再建。文化8年(1811)には検地による年貢増収。新田開発、専売などを行なった。
 文政元年(1818)10月6日、嫡男・頼之に家督を譲って隠居。安政3年(1856)10月1日逝去。享年83歳。



(*1)
鷲尾家はかつて相良家正室に姫を輿入れさせた姻戚。

(*2)
秋月種武の弟・種穀が、19歳の頼完より年長であるため、幕府は許可しなかった。養子は親子関係ですから父より年長な子ってのはどうも・・・・秋月家と相良家は互いに正室を輿入れしている身内。

(*3)
はじめ嫡子:義休に決まっていたが、寛政4年(1792)9月25日、江戸にて乱心し、樅木九郎兵衛を斬殺したため、寛政5年(1793)1月28日に廃嫡

球磨の部屋TOP