球磨と相良氏の歴史・近世1 
うち続く大乱

 18代・[義陽()頼房)]は、上村氏を制して家臣統制をおこない、相良を肥後随一の戦国大名にまで発展させた当主です。

 それで“信長の野望”など戦国ものゲームでその名が登場するわけです(^o^)。

 そして歴代当主の中でもっとも波瀾万丈な生涯をおくった当主といえます。
相良義陽

画像提供
人吉城歴史館


上村氏との対決

 弘治元年(1555)17代・相良晴広(頼重:父は上村頼興)に急逝。頼房(義陽)は12歳で18代当主に就きます。
 上村頼興(*1)は孫・頼房を執政としてバックアップ。しかし弘治3年(1557)に死去。
 上村氏を継いだ頼孝]頼堅長蔵(頼房の叔父)は相良氏乗っ取りを画策。

 上村氏の権勢の増大は、他の家臣に警戒心を持たれており(*2)、謀反はすぐ頼房側家臣に知られました。相良三奉行の東長兄丸目頼美、深水頼方はまず上村3兄弟の一人、頼堅を弘治3年(1557)攻め滅ぼします。

 この事態に上村氏の本拠・麓城(現在のあさぎり町・旧上村)の頼孝、岡本城(現在のあさぎり町・旧岡原村)の長蔵は薩摩の菱刈氏などの協力を求め対抗しますが、果たせず居城に籠城し、共に敗れ、城は落城。


 頼孝・頼辰・長蔵は日向・北原氏へ逃亡。その後和睦し、所領も与えられました。
 しかし永禄10年(1567)、攻められ自害。長蔵も殺害。ここに相良長頼の四男・頼村から14代続いた上村氏は滅亡します。なんかこれもまた過去の繰り返しみたいです。

 上村頼興が上村氏の権力を強化した事は、同時に相良氏の力も強くした訳でもありました。ここを上村氏3兄弟は充分に読めなかったのかも知れません。だからその後3兄弟だけに“串刺し”・・・・!?(x_x;)☆\(-_-;)
  (*1)
16代義滋(長唯)の後盾、17代晴広(頼重)の
実父であり執政として権力を握った上村頼興は[大殿]と呼ばれていた。

(*2)
頼房(義陽)は幼く、頼孝(晴広弟)が相良氏当主になる野心を起こしたと考えられる。


        上村氏についての詳細




獺野原の戦い

 上村氏滅亡から二年後の永禄2年(1559)。奉行の[東長兄][丸目頼美]の対立が深刻になります。(*1)
 策に長けた東長兄は、いち早く幼い頼房と生母(*2)を味方に取り込み、官軍となって軍勢を丸目の屋敷に差し向け、焼き討ちをかけます。
 賊軍にされた丸目頼美も負けてはません。相良氏お得意の“お家芸”とも言うべき“討ち漏し!?”(^O^)ゞ によって姻戚の東直政がいる湯前城まで逃げ延び日向・椎葉の那須氏を味方につけて軍をおこします。
 こうして相良頼房軍(実権は東長兄)と丸目・東直政軍は相良氏家臣を二分して各地で戦いを繰り広げ、3ヶ月あまり相良氏家臣全体を巻き込む大乱となりました。

 これほどの乱は過去相良氏ではなかったものでしょう。獺野原(うそんばる)の戦い]丸目・東直政の軍は敗れで東直政は討死、丸目頼美は日向へ逃亡。(*3)

 翌年、戦いの傷がいえたころ頼房は戦後処理として領内すべてに政令を引いて、一門・家臣の引き締めをはかっています。
 これは相良氏が連合政権議長から、中央集権の戦国大名の支配体制を取り始めたといえます(*4)

 次に戦いの功賞をおこない、特に活躍した須恵・深田・木上・上村の地頭に勲功を賞して褒状を与え、協力を受けた日向・米良氏から家臣を迎え入れ、戦死者の家族にも褒状を与えます。(*5)

 このような大乱を経て、相良氏による戦国期の領地統治はようやく盤石となり、戦国大名への道を進み出すのですが‥‥。
相良義陽(頼房時代)の戦い



(*1)
東長兄と丸目頼美の対立の発端は、児玉某、早田某、深水某の三人と宗慶寺の修行僧・智勝が女性を巡って反目しあった事であったといわれている。やがて大乱になって、3人は恐れて身を隠して いたが、争乱終結の翌年永禄3年に三人は捕らえられ、智勝も後に一味であることが露見、 四人とも人吉城下の中川原で斬首され赤池原にさらされた。それにしても家臣団を二分する大乱の原因が“女性争い”だったとは。ちなみに東氏は元は犬童氏を名乗っていたとも云われている。15代長定の謀反に加わらなかった別系の犬童一族か、逆賊の姓を名乗るのははばかるので改めたのかも知れない。

(*2)
頼房(義陽)の生母。後に内城様と呼ばれる。木上村(現在の錦町木上)上田市左衛門の娘。晴広(頼重)の室となり内助の功に優れたという。獺野原の戦いで東長兄がいち早く味方に取り込む事などから、家臣にかなりの影響があったものと思われる。この点から晴広死後、頼房(義陽)擁立と上村氏攻めの際も影響を与えたと思われる。慶長10年(1605)81歳で逝去。

(*3)
敗れた丸目頼美は日向へ逃亡し、伊東氏の元に身を寄せる。のちに島津氏と伊東氏との戦いで戦死したといわれている。

(*4)
といっても相良法度などで権力に規制はあったようです。

(*5)
中でも上村地頭・犬童頼安、木上地頭・久保田越後の働きはめざましかった。犬童頼安は後に水俣城で島津軍を防ぎ相良氏を支えます。久保田越後は獺野原の戦いの勝利の原動力となった多良木城の守将だった事(コラム参照)、家臣で弓で敵を多く射た久保田弥九郎・西佐吉・塚原与兵衛も賞されている。