球磨と相良氏の歴史・近世12
寅助火事(とらすけかじ)と丑歳騒動(うしのとしそうどう)

寅助火事(人吉大火)

 安政2年(1855年)、相良氏34代藩主相良長福は江戸からの帰国途中に発病。帰国後の7月12日病死。享年32歳。長男・頼紹(武之進)が幼少のため、長福の弟:相良頼基が35代藩主となります。

 文久2年(1862年)2月7日の正午頃、人吉城下・鍛冶屋町の鉄砲鍛冶職人・恒松寅助(*1)の家から出火。冬で空気が乾燥していた事と強風の為、城下町に燃え広がりました。やがて火は球磨川を越え人吉城へ延焼。相良藩ではかつてない大火となってしまいました。(-_-;)

城内の焼失箇所
外曲輪
武之進様御住所
役人詰所
番 所


客屋続供長屋
供長屋続長屋
手廻長屋
武術稽古場
鉄砲稽古場
全 域
1箇所
6箇所
8箇所
5箇所
2箇所
1箇所
1箇所
1箇所
1箇所
1箇所
鉄砲稽古場詰所
能 舞 堂
家中侍屋敷
家中土蔵
家中長屋
納 屋
土 蔵
塩 蔵
砲術稽古場

1箇所
1箇所
15軒
10棟
9軒
9棟
7棟
3棟
2棟
2棟

城内で焼失を免れた箇所
高御城御太鼓番所
御次間
中ノ御門
御米蔵
御小納蔵
御 膳
御金蔵
西洋流大砲入蔵
漆 蔵
代物蔵
大手櫓
水手御門
堀合御門(*2)
谷口舟場所

城下の焼失箇所

球磨川大橋
米良主膳頭邸宅
  寺
  社
町屋本棟
町屋脇本棟
客  屋
新馬場舟場役人詰所
本蔵番所詰所
学   校
武術稽古場
武術稽古場詰所
庄 屋 許
高  札
町  屋
家中侍屋敷
郷侍百姓屋敷
家中侍長屋

1箇所

11箇所
9箇所




















球磨川大橋  
     (22間残る)
米良主膳頭邸宅 1箇所
寺       11箇所
社       9箇所
町屋本棟    2箇所
町屋脇本棟   2箇所
客 屋     1箇所
新馬場舟場役人詰所1箇所
本蔵番所詰所  1箇所
学 校     1箇所
武術稽古場   1箇所
武術稽古場詰所 1箇所
庄屋許     1箇所
高 札     1箇所
町 屋     368軒
家中侍屋敷    95軒
郷侍百姓屋敷   86軒
家中侍長屋    21軒
町屋明屋     21軒
鍛冶屋      14軒
火番家      5軒
社 家      3軒
修験道      3軒
町屋小屋    275棟
町屋土蔵     73棟
本 蔵      5棟
土 蔵      4棟
物産会所     3棟
二日町具足打立所 2棟
新馬場舟場御蔵米 1棟
牢 屋      2棟
納 屋      1棟
堂        15宇
釜 屋      2軒
空 家      4軒
牛      1匹焼死
馬      3匹焼死

 ・・・人的被害は奇跡的に死者なし・負傷者3名程度。


 藩は復興の為に那須四方介・菊池七郎左衛門を営中普請奉行に任命。復興資金として一万五千両が必要と算出されます。そこで肥後の隣藩・細川藩に勘定奉行・犬童権左衛門が赴き、申し入れたが断られましたOrz。(*3)
 このため江戸に出府途上にあった家老・渋谷三郎左衛門が大阪・近江屋へ借金を申し入れ、一万両融資を取り付けます・・・・

 あと五千両を都合する為、犬童権左衛門は渋谷練助と薩摩藩へ。重役・桂久武は五千両の借金を承諾。さらに薩摩藩は琉球大平布10匹、畳表100枚の見舞いと大工などが多数派遣され、復興支援が手伝われます。


 借金で乗り切りましたが、さらなる混乱が・・・・
幕末の日本

嘉永6年(1853年)7月8日。アメリカ・ペリー艦隊(黒船)が来航。日本は長い鎖国を解き欧米列強との関わりを持つことになった。
これが国防意識の高まりと尊皇攘夷等のナショナリズムを生み、薩摩・長州・土佐・肥前など有力藩も台頭して徳川幕藩体制そのものを揺るがす事へ発展。
幕府は大政奉還を実施し勢力の存続を計ったが、倒幕諸藩は徳川を権力から排除する王政復古のクーダーターを起こし戊辰戦争・明治維新が始まる。

封建社会から近代へ時代が移る中、各藩も近代化を迫られ保守派と改革派の抗争が見られ、様々な騒動が続くことになる。

相良藩は江戸後期からの財政改革は挫折し、軍備の近代化もママならず、混乱したまま幕末期に至ります。

幕末の人吉城
文久2年(1862年)の
人吉大火以前に撮影

胸川沿い多聞櫓付近の写真
球磨川下流側から撮影された角櫓付近

大手門正面
      
(*1)
火事を起こした恒松寅助は故意ではなかった為、失火料を課されたのみの寛大な処分で済んでいる。別説では薩摩へ逃れたが、鉄砲鍛冶という技術者である為に帰藩が許されたともいわれている。


(*2)
のちに移築され、人吉城郭で唯一現像する遺構として保存されている。


(*3)
細川藩は黒船来航以後幕府より相模での警備、武器整備等に経費がかかるとして断られている



丑歳(うしのとし)騒動

洋式派と保守派
洋式派(佐幕)
幕府にならってオランダ式西洋軍制を推進
幕府を助ける思想(佐幕)
×
保守派(勤皇)
旧来の山鹿流軍制を保守する。西洋流は否定。
開国で国防意識が高まり朝廷を守る思想(勤皇)

幕末の政治思想は情勢変化で変わる事が多かったが、相良藩では内部対立に終始してしまった。

 幕末。開国と文久3年(1863年)の薩英戦争(*1)で、外国の脅威と西洋式軍隊の必要性を改めて悟った各藩は、軍制改革を考えます。西洋諸国の軍隊に鎧・刀・火縄銃では戦いになりませんからネ。

 相良藩では寅助火事で武器を失った事を契機に、西洋式軍隊の導入を計ります。そこで高島流砲術(*2)を学びオランダ軍制採用を進言していた松本了一郎を起用。改革に乗り出します。

 松本了一郎らを中心とする派は、洋式派(佐幕)と呼ばれました。一方旧来の山鹿流軍制の派、新宮行蔵那須拙速らは、保守派(勤王)でした。

この二派は対立します。

 幕末・各藩でも軍制と政治思想を巡っての対立がしばしばありましたが、相良藩では洋式派が優勢となり、松本了一郎は藩の用人となって、オランダ式軍制へ改革が推進されます。(*3)

 しかし隣国のイギリス式軍制を採用する薩摩藩が次第に倒幕勢力となって同調を求める中で、藩主・相良頼基も洋式派でも佐幕:松本了一郎らとは疎遠になり始めていきます。

 その中「洋式派が藩主・頼基を廃し、甥の武之進(相良頼紹)擁立する・・・」との噂が流れ、相良頼基は左遷した保守派・新宮行蔵等を復帰させます。
 
 慶応元年(1865年)9月25日深夜、行蔵の意を受けた神瀬慎八らは、松本了一郎を始めとるす洋式派14人を上意討ち(藩主命令で殺害)し、保守派が主導権を掌握

 しかし山鹿流は旧式なため廃され、オランダ式も薩摩とのかね合いで廃止。薩摩藩と同じイギリス式軍制が導入されます。結局両派に支持したものは不採用です。

 何のために血を流しての騒動だったのか・・・○| ̄|_

 これら騒動で相良藩は藩政と軍制改革が進まず、明治維新では新政府軍に参加し旧幕勢力と戦ったものの、小藩でもあり目立った活躍はありませんでした。



 こうして徳川幕藩体制は終わり、時代は明治となって廃藩置県で相良藩は廃止となりますが、旧時代を引きづった出来事は、球磨の地でしばらく続きます。


(*1)

文久3年7月2日(1863)生麦事件の責任を問うイギリスと薩摩藩の間で戦われた鹿児島湾における戦闘。薩摩は上陸阻止するなど善戦したが、鹿児島城下を焼失する被害を受けた。この戦後交渉が、英国と薩摩藩が接近する契機となった。


(*2)
高島秋帆によって始められた西洋式砲術。高島は西洋砲術の優秀さ知り、オランダ人などから洋式砲術を学び私費で銃器等を製造。天保5年((1834年)高島流砲術を完成させた。天保12年(1841年)5月9日武蔵・徳丸ヶ平において日本初の洋式砲術と洋式銃陣の公開演習を行なった.保守派等から嫌疑を受け投
獄などにあいながらも、砲術訓練の指導に尽力。国内の近代軍制に与えた影響は大きい。
徳丸ヶ平は高島の演習以来高島平と呼ばれるようになった。(現在の東京都板橋区高島平)


(*3)
オランダ式軍制導入に為、薩摩藩から五千両借りています。

西洋式武者返し

今は石垣だけになってしまったた人吉城郭。この石垣に幕末の面影があります。

水の手門前石垣(右の写真)には、長櫓がありましたが文久2年の寅助火事で焼失。再建はされず、代わりに石垣を高くして(苔のない部分)、上端に西洋式武者返しというはね出した突出部をつけた。
これは西洋城塞の技術で、嘉永6年(1853)に品川台場、五稜郭(北海道)や龍岡城(長野)等の西洋式城郭で採用されたが、日本城郭で採用されたのは人吉城のみ。
上部の撥ね出した突出が西洋式武者返し
球磨の部屋TOP