球磨と相良氏の歴史・近世3
秀吉の九州出兵

幼君を守る家臣

 響野原の戦いのあと島津氏は和睦条件の通り、八代・芦北を占領。当主を失った相良氏は本拠を人吉へ戻します。

 家臣の間には「敗戦の責を問われ、球磨まで島津に併合されるのでは・・・?」との風説が飛び交い騒然となります。それもそのはず次の当主:義陽の子は、亀千代10歳、長寿丸8歳、藤千代4歳。
 後継者を巡っての混乱がおこれば、球磨併合もありうる!!

 相良氏の家臣は[深水頼方(長智)](*1)[犬童頼安](*2)のもとに団結。長兄・亀千代を次の当主とし、残り二子のうち一子を島津氏へ人質とする事を決めます。

 どちらが人質にとなるかは井ノ口八幡神社で占い、長寿丸と決まります。亀千代は四郎太郎と称し島津氏へ願い出ます。
 島津氏当主・義久は亀千代に衣冠を与え、島津氏先祖の緯名の一字を送ります。ここに19代当主[相良忠房]が生まれます。
 島津氏は忠房(亀千代)の家督相続と球磨を安堵しました。しかしそれは相良氏を対等の関係ではなく、配下諸氏としての扱いです。

 以後幼い忠房は深水頼方と犬童頼安の補佐のもと、龍造寺・大友攻めの島津氏軍に従軍し転戦。

 ところが当主となって僅か4年後の天正13年(1585)、従軍中に忠房が急死! が〜ん!

 またも深水・犬童らが家臣をまとめ、人質に出されていた忠房の弟・長寿丸(11歳)を急ぎ擁立。20代当主・[頼房(のちの長毎)]とし、島津氏による球磨併合のムードが出る前に相続を認めさせます。

 あれだけもめた相良氏家臣団も、このときばかりはまとまります。自分たちの危機が外部からせまれば団結をせざるを得ない。状況を読みとる事を自然と身につけていたのでしょうかね。そして深水頼方と犬童頼安ら重臣たちの統率も見事だったのでしょう。(*3)


(*1)
深水頼方(長智・宗芳)(1532?〜1590):相良氏執政、三河守。弘治3年(1557)上村氏攻め。永禄2年(1559)、獺野原の戦いの頃相良氏三奉行・東長兄、丸目頼美、深水頼方として名を連ねている。義陽戦死後は執政として犬童頼安と相良氏を支える。幼い当主:忠房・頼房(長毎)の家督相続においては相良家諸派・島津氏の介入をさせる前に人質をさしだし、島津義久に相続を承認させた。豊臣秀吉の九州出兵の際も、島津氏不利の情勢をいち早く察知。天正15年(1587)八代へ豊臣軍が南下した際、秀吉に拝謁。相良氏と球磨の領地安堵の保証を得るなど、幼い当主を支え相良氏存続に尽力した。また豊臣軍の島津侵攻先導も務め、これらの働きを秀吉から賞され、水俣の豊臣直轄領代官も命じられている。さらに直臣を命じられるほど気に入られたが、これは固辞。天正18年(1590)8月21日死去。人吉・中尾山に葬られる。「墓は必ず南面せしめよ。死して南敵を防がん」と遺言したと「球磨郡誌言」では記述がある。死去から170年ほど経った宝暦13年(1763)、当時の家老:菊池武延・井口展頼・菱刈隆良・東尚庶によって南向きに墓碑が建てられた。島津との対決や相良氏存続に生涯の大半を費やした一生であった。

(*2)
犬童頼安(天道休矣)(1521〜1606):相良氏重臣、美作守。15代当主・長定の謀反擁立に力を貸した犬童重安の子。後の相良藩国家老・相良清兵衛(犬童頼兄)の父。長定が16代・長唯(義滋)によって追われたあと、長定に荷担した犬童氏はことごとく殺された。このとき頼安(当時・熊徳丸)は、11歳の幼少で、西竜寺(現在のあさぎり町・旧上村永里)住職・玉井院がいち早く出家させ、命は助けられた。成人後は還俗し犬童軍七と名乗り、八代・岡の地頭・相良治頼に仕えた。治頼は長唯(義滋)に謀反を計ったが発覚して共に豊後へ逃亡。軍七(頼安)は治頼の死後出家し、僧・伝心と名乗って諸国を流浪。後に許され球磨に戻り18代・義陽(頼房)に仕え、犬童頼安と名乗り獺野原の合戦等で武功を挙げ、上村(あさぎり町旧上村)の地頭となった。文武に優れた豪傑で、天正9年(1581)島津氏に水俣城を囲まれた際にも守将として最後まで屈しなかった(近世2参照)。相良義陽が戦死した後、再び出家・剃髪し「天道休矣」と号する。相良氏が島津氏に降った後も、幼い当主:忠房や頼房(長毎)を深水頼方(宗芳)と共に家臣の中心となって支え、島津の九州制覇には出陣し若い主君を助け尽くした。部下に信望も厚く、慶長11年(1606)11月7日85歳で亡くなった際、東丹波以下7人の殉死者を出すほどであったという。

(*3)
まとまっているといっても、ゴタゴタはありました。死んだ義陽には庶兄の頼貞がおり、義陽の戦死で当主の座に着こうとする動きをみせますが阻んでいる。平和利に長子相続をおこなわないと後に不和を呼び、それを理由に島津氏から干渉があるを恐れたものとおもわれる。頼貞はその後の消息は不明。日向へ去ったとも殺されたといわれています。



相良頼房(長毎)、豊臣秀吉に拝謁

  天正12年(1584)、島津氏はに龍造寺の軍を肥前・島原の沖田畷の戦いで破り、当主隆信を討ち取ります。そして大友侵攻へ。大友氏は領内深く攻め込まれ苦戦。

 ここで大友義鎮(宗隣)は、自ら大阪へ出向いて豊臣(羽柴)秀吉に援軍を懇願。巧みな外交手腕で九州出兵を確約を取り付けます。

 天正14年(1586)、まず秀吉は先遣隊として中国・四国の諸大名を差し向けます(*1)、しかし島津の戦術にはまりて豊後・戸次(べっき)川の戦いで大敗。
 島津軍は勢いに乗って総勢10万余の軍勢で、大友宗鱗を臼杵城に取り囲みます。さらに筑前の大友重臣:高橋紹運が守る岩屋城を包囲。しかし両方の城攻めに予想以上に手こずり、時間と兵を消耗。その間に豊臣秀吉は九州への動員令を発します。

 豊臣軍・総勢20万の大軍団は九州に攻め込み、肥後路を秀吉本隊、日向路を羽柴秀長(秀吉の弟)の別働隊に分けて南下。圧倒的軍勢で島津軍とその配下諸氏を撃破・恭順させます。島津軍は急速に戦意が衰え、薩摩・大隅へ引き上げた後降伏。
 しかし和戦両様の巧みな戦術を展開して、秀吉に薩摩・大隅など旧領支配をみとめさせます。

 相良氏は、島津加勢のために日向へ出陣していましたが、豊臣秀吉が八代へ来た天正15年(1587)、深水頼方は機転を利かし、三男:藤千代(長誠)(*2)を連れて代秀吉に拝謁。領地安堵の保証を得ています。後に頼房も秀吉も拝謁しています。

 頑迷に島津氏に従属しなかったのが賢明でした。下手に島津に従属して豊臣軍に攻め滅ぼされたり、減封・転封(領地替え)された諸氏もいた訳ですから・・・・。

 この様にして相良氏は、豊臣政権下で肥後・球磨の大名として近世大名の道を歩みはじめます。


(*1)
当時の豊臣秀吉は徳川家康(背後に北条・伊達)と対峙していたので本格的出兵はできない状況でしたが、かといって臣下の礼を尽くす大友宗鱗を無視する訳にいかず、先遣隊は苦肉の策といえる。戸次川の大敗は中途半端な軍勢であったためか?

(*2)当主・頼房(長毎)は島津に従い出征中であった。


秀吉の九州出兵後、主な大名配置概図
球磨の部屋TOP