球磨と相良氏の歴史・近世4
天下分け目と相良氏
関ヶ原と九州はこちら

忠臣の子ら、忠勤せず
 豊臣秀吉の九州出兵の際、幼い20代当主:[相良頼房(のちに長毎と改名)]の相良氏は、[深水頼方(宗芳)]と[犬童頼安(天道休矣)]の采配で島津への従属離脱を決め、所領を安堵されました。

 その後肥後には秀吉配下の佐々成政が転封して来たものの、一揆を防げず、責をと問われて改易。
 かわって肥後北部に[加藤清正]、宇土・益城・八代に[小西行長]が入国します。相良氏は両氏と懇意にし、特に球磨川河口にあたる八代を支配する小西氏とは、特に親しくしていたことは推測できます。
相良頼房(長毎)

像提供:
人吉城歴史館
 豊臣政権は天下統一を成したものの、内部に問題を抱えていました。肥後の加藤清正と小西行長、ともに秀吉の家臣ですが、清正が武将型家臣に対し、行長は官僚型家臣(*1)。天下統一の過程では武将型家臣は戦功をあげて各地に所領を与えられます。しかし統一が成り安定すると。次第に官僚型家臣が重用されるようになり、二派の対立が始まります。

 この状況で外様大名は、いかにして秀吉家臣と昵懇となって味方につけるか? そしてどちらの派につくかでもその後の運命が大きく左右されていきます。

 相良氏は加藤・小西という両派の大名と接していてたので、均等な外交戦術が取れたのかも知れません。この様な中で相良頼房は成長と共に、内政の充実に力を注ぎますが、再び波乱がやってきます。


(*1)小西行長は官僚型の中でも武将的要素も持っていました。


 頼房を支えた深水頼方と犬童頼安は、頼房の成長と共に、後輩へ役を譲りはじめます。

 執政の役にいた深水頼方は、犬童頼安の子[犬童頼兄(のちの相良清兵衛)]の才能を高く買って譲ろうとしますが、深水一門の強い反対をうけ、[竹下監物]が推薦する頼方の甥で[深水頼蔵]も推挙することに。

 頼方は門閥を越えて有能な頼兄を評価したのでしょう。しかしこの両者は並びたつと一門ぐるみで対立・・・・。 
 その中で深水頼方は天正18年(1590)に没します。心残りだったでしょうね。

 文禄元年(1592)朝鮮出兵・文禄の役では相良氏にも出兵命令がでます。
 当主・頼房は犬童頼兄を輔佐(副将格)。深水頼蔵を軍師(参謀)とし相良軍800の兵を率いて加藤清正配下として朝鮮へ渡っています。(*1) 出陣前、頼房は頼兄と頼蔵の二人に相良性を与えます。

 「もうふたりは殿様の身内同然だから、喧嘩はしちゃならんばい!」っ、て願ったんでしょうね。
豊臣政権下の肥後
 ところが頼房らが従軍中に深水頼蔵に組みする竹下監物が、犬童氏に対して反旗を翻して、湯前城に立て籠もる騒動を起こします。鬼の居ぬ間に・・・・でしょうか?

 頼房は文禄3年(1594)に犬童頼兄を帰国させ、隠居していた父・頼安とともに反乱鎮圧に当たり、落ち着きます。
 文禄5年(1596)、相良藩は文禄の役務が終わり帰国途中、深水頼蔵は突如出奔。加藤清正の元へ亡命。これでお家騒動は外へ知れ渡ることになる。

 なんということをするんだぁ〜!・・・・・○| ̄|_

 改元して慶長元年(1596)、再び朝鮮出兵(慶長の役)が起こり、相良頼房は領地を犬童頼兄にまかせて軍を率い渡海します。
 その隙に深水頼蔵は京・伏見にいた[石田三成]に“犬童頼兄は相良家を乗っ取ろうとしている・・・・!”と公訴。

 豊臣政権は犬童頼兄を京へ召還し二人を尋問します。今までの内乱は領内ですべて解決出来たのですが、加藤清正を頼る深水頼蔵。犬童頼兄は官僚派の石田三成に助けを求め代理戦争に・・・・。
 小大名が天下の情勢にいっちょカンだ話に発展てかぁ〜!?

 実際はというと・・・・・・訴えた深水頼蔵には、犬童頼兄に抗するだけの反論材料を持ってなかったんですな、当然負け。そして三成は頼兄に頼蔵追討の許可まで出します。
 ヤブヘビになった頼蔵は朝鮮出陣中の加藤清正をたよって逃がれ、朝鮮・ソセンポで戦死・・・・。

 こうして両者の争いは一方の当事者死亡で幕を引き、犬童頼兄は[相良清兵衛頼兄]と呼ばれ、執政・家老として相良家をまとめ上げていきます。
相良氏をめぐる関係図
(*1):朝鮮出兵で相良氏は約200余名の戦病死者を出したといわれている。



相良清兵衛頼兄の大博打!!

 慶長3年(1598)豊臣秀吉が死去、嫡子・秀頼は幼少。権力は自然と五大老筆頭の徳川家康に流れ始めます。それに対抗したのが五奉行で秀吉の家臣・石田三成。しかし三成は支持されず、失脚。

 家康は反抗する上杉景勝攻めのため、諸大名を動員して會津攻めを開始。京を留守にします。その隙に三成は西国大名に激をとばし軍を興す。

 天下は東西に分かれ、相良氏は石田三成側の西軍から誘われます。そらもう三成と相良清兵衛の経緯もありますので・・・・。慶長5年(1600)7月、兵約1570、相良氏最大規模の軍勢です!!
 相良軍が上洛しての初戦は、徳川の留守部隊が立籠もる伏見城攻め。城方は激しく防戦したものの、宇喜多秀家ら西軍の総攻撃で落城。

 ところがその裏で相良氏は東軍の徳川家康に「今は西軍に従っているが、それは本意ではない・・・・」と手紙を送っています。この辺は抜け目ない。ここまで約350年、巧みの生き残った相良氏ですから。

 相良軍はこの後、日向・県の秋月氏、日向・延岡の高橋氏らと近江・勢田城警備を経て、9月5日美濃・大垣城に入城します。

 西軍に対し東軍の転進は想像以上に速く、9月14日には西軍の居る大垣城約4q南の赤坂に布陣、大阪城侵攻の動きを流布しはじめます。西軍は東軍の侵攻を阻むため、夜を徹してあらかじめ防衛陣地を作っていた関ヶ原へ移動。

 東軍の大阪侵攻はデマ。大垣に籠城する西軍をおびき出す罠なんですな。さらに徳川家康は自分たちが上杉攻めで京を空ける間に三成が決起する事をみこして、反三成派・豊臣大名を中心に従軍させ、西国大名にも内応を勧める工作をしていたようです。東軍(家康側)にっとって西軍の動きは全て想定内・・・・

 相良軍は、大垣城(守将・福原長高:石田三成の身内)配下として秋月氏・高橋氏と共に残ります。城の兵力は約4800。

 9月15日早朝、関ヶ原の戦いは幕を開けます。戦いは一進一退、午後になると西軍・小早川氏を始めとする諸氏が東軍へ寝返り、夕方前には西軍ほ壊滅。東軍に内応し日和見を決めていた西軍諸大名も敗走します。

 9月16日、大垣城攻略に徳川家臣・井伊直政が26000の軍を率いて迫ります。その夕方井伊の陣に相良・高橋・秋月の降伏状が密かにもたらされます。それに対して家康・井伊直政の条件は「福原長高、垣見家純、熊谷直陳、木村宗左衛門ら石田三成家臣の首を、陣に届けるよう・・・」 
 相良頼房は共に城に籠もる二氏の当主、秋月種長・高橋元種(*1)と協議。そこに相良清兵衛が大胆な策を持ち出してきます。

 清兵衛は「城外にある竹林は敵を防ぐのに邪魔なので、切って城壁を築きたい・・・」と抗戦策を進言。視察に三成四家臣のうち三人を竹林へ誘い出し、部下たちに襲わせて首をはねてしまった。残った福原長高に降伏を迫り同意させます。相良氏ら三氏はこうして生き残るんですな。まぁなんとも強引な策だこと! というか節操のないこと・・・・。

 その後清兵衛は、当主・頼房と徳川家康との講和会見の準備に大垣攻めの敵将・井伊直政に自ら交渉しています。講和に直に向かい合った敵将を訪ねるのは大胆きわまりない。

 このとき清兵衛は当主より先に家康との面会を求めます。(^_^;A・・・・これはさすがに頼房から推薦状を持参していないという理由で井伊直政に断られています。大垣城開城の手柄を主張したかったんでしょうか?

 その後頼房が家康と会見する際、清兵衛も同席をゆるされ“お目見え”となります。

 このようにして相良氏は、西軍に属して途中東軍に転じながらも所領を減全くらすこともなく、外様大名・相良藩として江戸時代へ入っていくのです。


(*2)
秋月種長、高橋元種は実の兄弟。朝鮮の役で相良頼房と親交を深め、頼房は兄弟の妹:龍子を妻に迎えている。二氏とも肥後・相良氏とは隣国・日向の大名。連帯しようという気持ちがあったのか? 秋月氏は幕末まで存続し、のちの上杉氏の名君・上杉鷹山は秋月氏の出身。高橋氏は慶長18年(1613)に改易。
球磨の部屋TOP