球磨と相良氏の歴史・近世6
椎葉・米良の支配

 日向、肥後国境付近の山間には椎葉(椎葉山・椎葉荘)と米良(米良山・米良荘)呼ばれる地域があります。山深い地域のため有力大名の支配が及びにくく、半独立的な地域でした。古くから球磨との交流もあり、近世・徳川幕藩体制が固められる中で、両地域は相良藩が間接支配する様になります。


椎葉山騒動

 平家落人の末裔が住むといわれる椎葉。戦国期から近世初期には“椎葉山十三人衆”と呼ばれる有力者が支配していました。

 豊臣秀吉の天下統一後、向山城主・那須正忠は、秀吉の鷹匠・落合新八郎を饗応したことで御朱印状を授かります。
 やがて身内の那須主膳らとともに十三人衆の中で「那須三人衆」と呼ばれて優位に立ち、ほかの有力者達とは不仲となって、次第に御朱印派と反御朱印派に別れて対立します。
 この対立は隣接する大名・高橋氏の仲介で一旦は収まりました。

しかし那須弾正の死後、息子・久太郎が、反御朱印派の起こした一揆で殺害。那須主膳の孫・仙千代も殺されたため、那須主膳は徳川幕府に訴え出ます。
椎葉・米良の位置
 元和5年(1619)、幕府は騒動鎮圧のため、阿部正之・大久保忠成を派遣し、相良藩に椎葉出兵を命じます。

 幕府は椎葉の内紛であるにも関わらす、御朱印状の権威を守る(*1)ことを選択。反後朱印派を攻め140人を捕らえ斬首。その婦人ら約数十名が自害しています(*2)

 この後幕府は肥後・阿蘇大宮司家に一時椎葉支配を任せましたが、明暦2年(1656)から幕府直轄領(天領)とし支配を相良藩に命じます。これは明治維新まで続きます。

 相良藩は、自分たちとは対立していない椎葉へ兵を送り、幕府の都合で一方だけを鎮圧する“後味の悪い役目”を負わされたことになりました。それで支配したのですから、やりにくかったでしょうね。


(*1)朱印状とは権威ある公式書状の事。徳川幕府は豊臣・織田政代の御朱印状も認めた。

(*2)婦人等20名は自害したとも言われている。この鎮圧を後に「千人ざらえ」と呼んだ。





相良藩付庸・米良氏

 日向・一ツ瀬川の上流に米良(めら)と呼ばれる地域があります。江戸時代初期、相良藩の氏属領となります。
 ここを支配していた米良氏は肥後の大名・菊池氏の末裔だといわれています。


 菊池氏は、系図などでは関白・藤原道隆の四代目・藤原則隆(大宰少監)が肥後北部・菊池荘に勢力を張り、菊池氏と称したといわれています。

 他説では、肥後の在地豪族で太宰府被官・菊池氏が太宰権帥・藤原隆家の配下となり、後に藤原氏家系を利用した説。また摂津・久々知(くくち:現在の兵庫県・尼崎市)の一族が太宰府被官としてくだり土着。菊池氏と読みが変化。のちに藤原家系を利用した説など、いろいろあります。

 源平争乱期にはすでに菊池(隈府)に勢力を持ち、菊池隆直が平家方武将として源氏と戦い、平家滅亡後は鎌倉幕府・御家人となって存続します。
 承久の変では後鳥羽上皇の朝廷側につき、勤王・反幕府の動きをとります。朝廷方の敗北後は幕府に従い、元寇でも活躍。

 後醍醐天皇による反鎌倉幕府活動が展開されると、九州反幕府の中心として活躍。南北朝の争乱では劣性な南朝(後醍醐天皇方)の中で、数少ない優勢を誇りました。
 やがて北朝(足利幕府方)が優勢になると力を弱め、本拠・菊池(隈府)も失うなど衰退。南北朝統一後は足利幕府の守護大名として勢力を再建し、戦国初期には肥後随一の力を持つまでに勢力を回復します。

 戦国時代になると豊後・大友氏、肥後・阿蘇氏・相良氏や名和氏の勢力が拡大。一族の宇土氏の謀反も起こり、文亀元年(1501)当主・菊池能運は敗れて肥前・島原に逃れます。
 能運は自派家臣・肥後の諸氏に迎えられて戻り、宇土為光を破って隈府を回復しますが、能運は戦での傷がもとで死亡。一族の菊池政隆が当主を継ぎます。

 それでも菊池氏の内紛は収まらず、家臣の反乱によって政隆は追われ、隣接する阿蘇氏から菊地の血を引く武経を当主とします。
 さらに豊後・大友氏の介入にあい、武経の後の当主に大友の意を受けた一族の菊池武包が就きます。しかしその武包も大友氏によって追われ、大友氏当主・義鑑(大友宗麟の父)は実弟・義武を当主につけます。
 ところが義武は従わずに反抗。大永3年(1523)、大友義鎮(宗麟)に攻められ逃亡。後に自刃。ここに菊池氏は断絶。

 菊池諸家は残りますが、その後の争乱で四散したり、豊臣・徳川体制下で他家の家臣になるなどしています。
米良氏系図より。これが事実かどうかの確証はありません
 米良氏は、菊池能運の子・重為が一族の内紛を避けて、日向・米良荘へ落ち延び、先に入っていた叔父・武照や他の菊池系一族を頼ります。その孫といわれる重次が米良姓を名乗ったのが最初だと伝わっています。(*1)

 米良氏は戦国期、椎葉・那須氏等国人と対峙しながら日向の戦国大名・伊東氏とも結び、米良一帯の支配を認めさせ、日向で重要な位置を占める様になります。
 伊東義祐が伊東氏当主の時代には、紙屋・戸崎・須木・門川・山陰・坪屋・雄八重・平野など、日向内陸部で広範囲に勢力を張り、天文2年〜3年(1533〜34)の米良一揆では、伊東氏を左右する勢いに。
 「日向記」によると米良氏一族は、伊東氏勢力拡大と、「伊東崩れ」といわれたる伊東氏崩壊に関わった人物も出しています。マッチポンプ?

 肥後・相良氏で起こった獺ヶ原の乱では、相良義陽に協力し、一族・家臣を客分に送り入れるなど、球磨にも影響力を持ちます。(*2)

 この後島津氏の九州制圧、豊臣秀吉の九州出兵を巧みにを生き残り 延岡の高橋氏との争い、関ヶ原の戦いの翌年慶長5年(1601)、徳川家康から領地を“お鷹山”指定を取り付け、所領安堵を取り付けています。
 徳川幕藩体制が固まる中で1万石に満たない米良氏は大名ではなく、隣国肥後・相良藩の付庸となります。米良重隆の代より、交代寄合格として5年に一度江戸へ参勤交代の資格を有しました(*2)

 交代寄合とは本来知行地を持つ幕臣の事。大名に準ずる石高の旗本に与えられるものですが、幕臣ではない外様の米良氏が同等の格式を与えれたのは珍しい様です。
 これは米良氏が勤王で由緒ある菊池氏末裔とされ、取り立てる事で幕府の権威に利用した政策によるものでしょう。

 幕末期の米良氏は、当主・則忠を中心に勤王・倒幕運動に参加。明治時代には菊池姓に戻し、勤王の名族・菊池氏の末裔ということで華族に列せられました。
戦国期の米良氏一族
米良弘泰
 野ノ美城主として島津方に攻められ死守するも、討死。

米良重方
 永禄11年(1568)、伊東氏が島津方の飫肥城を包囲。状況不利とみた島津氏は、伊東氏家中に対して影響力が強い重方に和睦の仲介依頼。
 交渉の結果、伊東氏は飫肥城を含め4つの城を手に居て、さらに島津に奪われていた大隅・肝付の福島院をも返させることに成功。この功により地福六町を所領することになる。元亀3年(1572年)島津氏との木崎原合戦では、敗走する伊東勢を逃がすために、殿軍をにつとめて討死。


米良矩重
 重方弟。兄の死後、伊東氏側近の帰雲斉が、兄が得た地福を取り上げる。
 矩重は憤慨。島津氏の懐柔を受けて須木城安堵を条件に島津方へ寝返る。“島津に対する備”の寝返りは、木崎原での惨敗で弱体化した伊東氏をさらに混乱させる。
 続々と島津氏へ寝返る家臣を見て、伊東氏は日向を捨て豊後・大友氏へ逃れる。
 その後豊後・伊予と流浪した伊東氏は豊臣秀吉に仕官。伊東祐兵が九州出兵の功により、日向・飫肥を拝領。
 伊東氏復領を知った矩重は、島津氏を出奔。飫肥城で伊東祐兵に詫びて御前で切腹を願い出る。祐兵は矩重を許し家臣とした・・・これは島津の内情を探るため許したとも言われている。


米良四郎左衛門尉

 門川城主。伊東氏崩壊後、島津氏に人質を出して降伏する。
 一方で極秘理に日向情勢を豊後へ流し、大友氏支援と伊東氏再興を謀る。大友氏の日向進攻に大友方として、高城攻めの際戦死。

(*1)重為が落ち延びたと思われる文亀年間から、重次までの米良氏は曖昧で経過には諸説あります。
(*2)球磨・人吉に多い米良姓系の苗字は、この時期に球磨郡に入った米良氏子孫か?
(*3)江戸参府中は相良藩江戸屋敷に滞在。


米良(菊地)則忠・像
 ★最後の領主・米良(菊池)則忠
17代米良則忠は天保元年(1830)米良・小川生まれ。嘉永二年(1850)家督相続。
幕末期の勤王・倒幕運動に家臣・甲斐大膳・大蔵親子らと共に参加。明治維新後
は先祖とされる菊地姓を名乗る。廃藩置県・版籍奉還の際には領地を領民にす
べて与え、領民生活に配慮した。さらに教育に力を注ぎ、弘文館(後の米良小
学校)の開設に尽力。西南戦争後家督を譲り、米良神社宮司となる。明治41年
逝去。


近世7へ

球磨の部屋TOP
風色倶楽部INDEX