球磨と相良氏の歴史・近世8
球磨川の開削

球磨川の水運

 戦国の争乱が終わり時代は徳川の治世へ。各諸藩(大名)は内政発展に力を注いでゆきます。
 山に囲まれた内陸の相良藩が発展するには外部への流通路整備が不可欠。

 20代・相良長毎の時代から相良藩では、肥後・加藤藩から球磨川河口の八代に港を借り(舟屋)、木材・米・炭などを大阪方面へ運び出してはいましたが、人吉から八代までは険しい山岳路や狭い球磨川沿いの狭路で、物流の障害となっていました。
現在の球磨川水系域概図

 水運は当時の物通に欠かせないものですが、球磨川は源流から球磨盆地にはいって一旦穏やかになるものの。人吉から八代までは巨岩連なる急流が続く水運には厳しい川でした。
 その球磨川を私財を投げうって開削を指揮したのが[林正盛]という人物です
 林正盛は丹波・篠山の生まれ。22代当主・頼喬(よりたか)の叔父で、それが縁で相良藩士なったと云われています。

 開削は寛文2年(1662)、藩主の許可のもと着工。無数に存在する巨岩を取り除く難しい工事の末、寛文4年に筏を通せるまで開削。
 さらに水運用の川舟も開発し、寛文5年(1665)にはに川舟が航行可能な開削が完成しています。
 この後、球磨川は外部との交通・物流の幹線として、また藩主の参勤交代としても多用されるなど、相良藩・球磨地方の発展に多大な貢献を果たした事は言うまでもありません。

 明治41年(1908)の肥薩線開通で球磨川の水運は縮小し、鉄道が流通の主役に代わっていきますが、木材の筏搬出は球磨川にダムができる昭和30代はじめまで続きます。
現在の球磨川はダムのためすべて舟で下るのは不可
昭和初期、筏による木材搬出の様子
 水運での利用は終わった球磨川ですが、現在は観光川下り舟が主役になっています。
 市房・荒瀬・瀬戸石など流域にダムが作られた為、水量は減りましたが、人吉−渡、渡−球泉洞(大阪間)の間で2コースの営業がおこわれています。




   →昭和39年川開きの映像(一部)
          →球磨川下り
球磨川下り・高曽の瀬



亀 割 の 石 〜難工事を伝える伝説〜
 寛文2年、林正盛は22代当主・頼喬の許しを得て、川下の多武から順次に上流に向って工事をすすめていった。その中の難工事のひとつが、伝説となって後世に伝わっています。

 球磨川は人吉から河口付近まで流れが激しく巨岩がひしめき、大変な難工事となった。特に大瀬付近の亀石と呼ばれる巨岩はどうしても割ることができず、石工たちもあきらめてしまほどだった。
 しかし取除かなければ舟は通れない。正盛は日夜この岩の横でたたずみ思案にくれていたが、名案も浮かず日はが過ぎるばかり。様々な工夫をこらしたが、万策つきて弱り果てていたところへ一匹の白狐が目の前に現れ、正盛は
思わず呼びかけた。
 「狐よ,この岩を割る方法はないのか・・・・」

 狐はすぐ姿を消してしまったが、その夜正盛の夢枕に稲荷神が現われお告げがあった。

「岩の上に枯木を積み火をつけ、水をかけ割れた岩を取り除き、また火をつけ、それを幾度も繰りかえせば、7日の内には大岩も割りつくすであろう・・・・」

 正盛は早速お告げに従って始めたころ、固い岩が容易に割れはじめ、3日とたたぬうちに亀石は全部取り除くことができたという。

 この出来事のあと正盛は屋敷に稲荷の桐を建て、その恩に報いたこと伝えられている。
難工事の末開かれた球磨川。今は観光川下り舟が下ります
球磨の部屋TOP
風色倶楽部INDEX