球磨と相良氏の歴史・近世9
百太郎溝と幸野溝

 球磨盆地(人吉盆地)は。現在豊かな田畑が拡がっていますが、これは多くの先人達の努力によるものです。

 球磨川周辺の低地は太古の時代から川の恩恵を受けた耕地があります。しかし球磨川は盆地の“底”を流れるため、その周辺、特に球磨川の南東部、白髪岳・大平山を主峰とする山麓の扇状地は川も短くすぐ球磨川に注いでしまうため、水の便が悪く開発が進みませんでした。
 この地域を開墾するため、中世から近世にかけ2本の灌漑水路が造られました。


 百太郎溝

 百太郎溝は多良木町・百太郎、球磨川南岸の取入口から始まり、多良木町、あさぎり町(旧岡原村・上村・免田町)を通り、錦町・原田川に至る灌漑用水路です。
 全長約18km。灌漑面積は約1400ヘクタールに及びます。
 工事の正確な開始時期は不明ですが、第一期は鎌倉時代に現在の樋門付近から多々良木町・青木川まで作られたと考えられています。その後
動乱が終わった江戸時代になって新田開発が急務となり 延伸工事が始まります

 第二期は延宝5年〜8年(1677〜1680)頃、免田・井口川まで。

 第三期は元禄9年〜10年(1696〜1697)頃、免田川まで。

 第四期は宝永元年〜2年(1704〜1705)頃、錦町・原田川まで。

 第五期は元文5年(1740)頃、さらに西へ進めようとして成功しなかったと云われ、工事の終了時期は宝永7年(1710)と考えられています。

 長期に及ぶ工事に相良藩の援助は殆ど無く、すべて流域農民達によるよるもので、幾多の難工事と多大な犠牲のもと成し遂げられたのです。

 樋門は昭和35年に始まった百太郎利水南部改修工事の際、新しい樋門と交換されるまで一度も壊れることもなく使われました。
 現在旧樋門はすぐ隣の百太郎公園に保存され、昭和36年町指定史跡に指定されています。

百太郎公園の位置
百太郎旧樋門
現在の百太郎樋門 樋門左側に百太郎溝流入口がある。
球磨川の流れを樋門で調節し、百太郎溝の水量を調節している
あさぎり町をゆったり流れる百太郎溝

百太郎の人柱伝説
 昔。原野に球磨川の水を引き入れようと農民達は考えましたが、堰を何度作っても洪水で壊れ困っていました。

 ある年の秋祭の前夜、世話人の枕元に水神が現れ、
「明日の祭には袴に横縞のツギを当てた男が参詣する。その男を樋門を作る時に人柱とすればよい・・・・」と告げました。
 世話人は早速その事を村人に話し、翌日の秋祭の参詣する男達を見ていたが、横縞のツギ当ての袴をはいた男が現れた。男は名を百太郎といった。
  農民達は藩に堰の工事再開と人柱を立てる許可を得て、川の水量が減る冬に工事を進めます。
 百太郎は正直者で知られ、老いた母思いよい男でしたが、母を残して尊い人柱になることを承知。樋門の大石柱の下に胸に手を組んでは生きたまま柱の下に埋められました。
 農民達は、人柱となった百太郎に手を合わせ念仏を唱えつつすすり泣いたといいます。

 百太郎が人柱となった後、何度も洪水が襲いましたが、樋門も水路も壊れず、原野は豊かな耕地となりました。
 農民達は洪水や大雨のごとに百太郎を思い起こして感謝し、何時の頃かこの溝を「百太郎溝」と呼ぶようになったそうです。
(*1)

(*1)一説では百太郎は技術者で、彼の提唱した樋門が洪水で一夜にして流出したため、その責を負っ
  て自殺した。また自ら水神のお告げとして人柱になったとも云われている。




百太郎溝・幸野溝概図(地名は旧名)




 幸 野 溝

 幸野溝は現在の水上村幸野(幸野ダム)を基点として百太郎溝の東側(さらに山より)、湯前町・多良木町・あさぎり町(旧岡原村・上村)を経て錦町・高柱川までの全長約16km。灌漑面積は約1200ヘクタールに及びます。

 この水路は相良藩による公共事業であり、指導した相良藩士・[高橋政重]の功績によるところが大きいものでした。

 高橋政重は22代藩主[相良頼喬]の命で領内を巡察。その際に湯前から久米(現在の多良木町久米)一帯の山麓に原野があることを知ります。
 当時相良藩は深刻な財政難で、財政建て直しは重要な課題でもありました。政重は水利さえ整えばかなりの新田開発が可能と報告。
 元禄10年(1697)相良頼喬は高橋政重を初めとする家臣に水路開堀と開墾を命じます

 水路は幸野(現在の水上村幸野)で球磨川に水門を設け、湯前−久米−岡原−上村と開堀し続け、元禄11年(1698)にはひとまず完成します。しかし吸水性の高い火山灰土壌が災いとなって思うように流れず苦心します。

 元禄12年(1699)6月20日の大雨で幸野の樋門が破損。その後何とか復旧し、完成まであと一歩まで来た元禄14年(1701)5月10日、再び大規模な洪水が発生。復旧した樋門が破壊、水路が決壊して流域田畑も大きな被害を出してしまいます。これら2度の被害で、協力していた農民達にも諦めの空気が出始めて事業は停滞へ。

 元禄16年(1703)藩主・相良頼喬が死去。23代藩主・[相良頼福](頼喬の従兄弟)が跡を継ぎ工事継続の許可を出しますが、幕府より利根川改修工事の命を受けたため、幸野溝にまで手が回らなくなり中止。・・・・・不運の連続(-_-;)
 高橋政重はここで諦めず村を回り寄付を乞いながら、自力で資金調達と工事再開に動きます。
 この熱心さに藩も動かされ、宝永2年(1705)3月工事再開の許可が。

 しかし難工事は続き、途中工事指揮の同僚二名が病と称して辞職(仮病くさい?)。その中でも政重は独力で工事を指揮。薩摩から暗渠を掘る工夫を雇い入れ水路・水門の改良を行い、同年12月ついに全行程が完成します。

 幸野溝の完成により相良藩の収入は約3千石の増収となり、藩主頼福は政重の功績を高く評価。30石から50石に加増。次の藩主長興は100石へ加増し勘定役を命じます。
 公称2万2千石の相良藩にとって3千石の増加は驚異的な増収です。

 幸野溝の工事が始まった頃、高橋政重は48歳。決して若くない、また高役・高禄でもない一藩士が藩命とはいえ、幾度の挫折で同僚や農民が見放す中、自力で工事を進めるほど執着したものは何だったのか?

・・・・今も豊かに広がる球磨盆地の田畑にその答えがあるのかも知れません。
幸野溝の現在の基点幸野ダム(第2市房ダム)
旧取入口はダム堤防から少し上流の水面下
あさぎり町(旧岡原村)を流れる幸野溝
あさぎり町(旧上村) 谷水川の谷を水路橋で越える
阿紺女(おこんじょ)の木遣唄
 昔、阿紺女という大変力持ちの女がいました。身の丈六尺の堂々たる仁王様のような体格で、声は雷のごとく然も美声。子に乳を呑ませる時は子を背負ったまま呑ませられるほど長大な乳房だったそうです。
 阿紺女が若い頃、幸野溝の樋門が壊れ修理が行われました。しかし礎石を据える作業に手こずり、人夫を動員しても動かず難工事になってしました。それを知った阿紺女は男装して駆けつけ、木遣唄を唄いながら縄を引くと巨岩は動き、工事は完了したそうです。
 この岩を阿紺女岩と呼ぶようになったと云われています。

 別の言い伝えでは、阿紺女は工事中毎日巨岩の上に立って美声で木遣唄を唄ったので人夫達の仕事もはかどったので、阿紺女が立った岩を阿紺女岩と呼ぶようになったと云われています。


(*1)政重は民衆からも讃えられたが、成功を神仏の加護として寺社へ勧進・寄進する事に勤め、本人
  は一向に誇らなかったという。


 球磨盆地内の河川は、球磨川に向かって流れています。百太郎溝と幸野溝だけは違って、人工的に球磨川に沿って流れます。

 このため途中で球磨川へ流れる河川や谷と各地で交差する事になります。これを解決するため、水門・サイホン、トンネル(暗渠)や水路橋を設けて勾配をつくり西へ西へと流れていきます。
 これらの技法は今でも灌漑水路工事で使われています。しかし現代の土木技術・機材を用いても2本の溝の距離・規模となるとは大工事ですから、人力・牛馬だけの昔となるとその苦労ははかり知れません。
幸野溝 コンクリート製水路橋
 二つの水路は今でも現役。改良されながら各地の田畑に水を運んでいます。球磨盆地を埋め尽くす耕地は、豊かな自然の恵みを連想させますが、そこには長い年月をかけて重ねた人々の努力と苦労があったのです。


 相良藩はこの他にも新田開発を進め、寛永年間には約2万石の増収に成功しています。
しかし、藩の財政を根本的に救済するまでにはには至りませんでした・・・・・・残念(-_-;)
球磨の部屋TOP
風色倶楽部INDEX