球磨と相良氏の歴史・中世3
上相良氏の滅亡
九州の南北朝の様子はこちら

中央の争乱が球磨にも・・・
 下相良氏(人吉)と上相良氏(多良木)で並立の相良氏。そして球磨各地に割拠する御家人。まだ両相良氏に球磨を制するだけの勢力は有りませんでした。

 やがて鎌倉幕府は滅び、建武の新政もすぐ瓦解。その後足利氏による室町幕府が成立しますが、強力な政権は生まれず、争乱は全国に飛び火していきました。

 南北朝の争乱では、永吉庄木上村(錦町)、山田村(山江村)の領有をめぐり上相良4代・[相良経頼]は須惠氏・永里氏・岡本氏・奥野氏・久米氏が南朝方に。下相良頼5代・[相良頼広]、6代・[相良定頼]は北朝方につき対立。
 やがて北朝方が優勢になると下相良氏が勢力を拡大。上相良氏は次勢力を弱め、正平元年(1346)、北朝方に転身します。

 正平3年(1348)に南朝の懐良親王が九州に下向。肥後北部の菊池氏を中心に九州で南朝の勢いが増すと、正平7年(1352)上相良氏は再び南朝に転じます。しかしこの事には下相良氏は球磨の大半を勢力下に入れ、覆すことは難しくなっていました。

 南北朝に加え、足利尊氏と弟・直義の対立「観応の擾乱」もあり、九州諸氏の去就は二転三転するようになります。正平23年(1368)下相良氏7代当主・[相良前頼]は北朝方から南朝方へ転身します。

 応安4年(1371)足利幕府は、一族の今川了俊を九州探題として下向。まさに刺客ですな。そして太宰府を奪還し、菊池氏ら南朝方を圧迫。この中で下相良氏はふたたび北朝方に転向。・・・・ホントコロコロ変わります

 永和7年(1381)、今川了俊は肥後・薩摩・大隅・日向の諸氏に呼びかけ、関係がこじれて南朝方になっていたの島津氏攻略に動きます。これに両相良氏も応じ、
永和7年(1381)相良前頼は今川義範とともに八代・葦北を攻め、津奈木・湯浦・水俣を攻略。しかし恩賞は少なかったようで不満プンプン!
 そこで南朝方に転じ島津氏と連携。菊池氏と共に今川氏と対立。相良氏は肥後における南朝方の重要な存在となります。しかしよく立場が変わりますなぁ・・・。

 明徳3年(1392)南北朝合一九州では九州探題・今川氏と島津氏の対立が残り、下相良7代・前頼は今川氏側に従軍し日向・都城に在陣。応永元年(1394)島津元久と戦い戦死します・・・(-_-;) 

 応永2年(1395)今川氏は突然九州探題を解任され、渋川氏が後任に下向するんですけど振るいませんでした。

 島津氏では内部抗争が起き、総州・島津伊久と奥州・島津元久の対立がはじまります。この争いに下相良8代・[相良実長]は総州島津伊久につき、応永8年の鶴田合戦では島津元久を敗走させています。
 島津氏の争いは奥州・島津元久が勝利しますが、その後、元久の後継をめぐる争いが起きます。一族の伊集院頼久が我が子を跡継に押し、元久の弟・久豊と対立。相良は久豊側に協力。島津氏は実長の子で9代・[相良前続]に山門院三百五十町を与えています。さらに久豊は前続を婿として姻戚関係を持ち、下相良氏は島津氏(奥州家)との協調で、薩摩・大隅へ勢力を持ちます。


 下相良9代・前続は嘉吉3年(1443)死去。下相良氏内では幼い11歳の嫡子・尭頼支持派と庶家で有力な・[永留長続](*1)支持派に分れます。
 永留長続は尭頼の次の後継当主を永留氏から出す事を条件に尭頼を支持し、球磨の国人も大半が同意。[相良堯頼(たかより)]が10代目を相続。

 文安5年(1448)2月、勢力挽回を企てていた上相良氏8代・[相良頼觀(よりみ)]は弟の[頼仙(よりひと)]、下相良一門・桑原氏と共に堯頼がいる人吉城を攻めます。
 城は700余人の攻め手によって陥落。堯頼は菱刈(現・鹿児島県・菱刈町)へ逃亡。

 この時下相良氏側で対抗したのが、山田城(現在の山江村)の永留長続。

 長続は人吉城を攻め、桑原氏(*2)を滅ぼし、下相良氏の兵を多良木へ追いやります。そして堯頼を探しだし人吉へ戻るよう促したのですが、堯頼は、「私に当主の資格はない。長続が後を継いでほしい・・・・」って辞退した上に、3月には死んじゃいました。
 一説では堯頼は牛が好きで、菱刈で飼っていた牛が偶然堯頼を角で突き、その傷がもとで死んだとか?
 不運な10代当主・堯頼の墓は菱刈にあり、他の当主に比べて陰が薄く忘れられているようです。

 5月、長頼以来の血統が途絶えた下相良氏では、2代当主・頼親の血をを引く永留長続が家臣に推され当主を相続することになります。長続は人吉城奪回の功労者なので当然の結果でしょうけど、本家本流の血筋じゃないんで球磨をまとめるのは大変だった様です。

 これに呼応するかのように上相良氏の頼觀・頼仙の兄弟は、鍋城(現在の多良木町黒肥地)などに兵を集めて再び戦う様子を示しだします。

 下相良氏内の家臣の不安定さを見越しての決起だったかも? “このままじゃ呼応して反乱が起きかねない!!・・・・”ここで長続は先に打って出ます!!。




雀ヶ森の合戦
 8月5日早朝、長続の軍は上相良氏の領地・久米(現在の多良木町久米)にある砦(久米城か?)を襲撃。派手に火を放ち鍋城(現在の多良木町・黒肥地)に見せつけます。

 あわてた頼觀・頼仙は家臣の制止を聞かず500余の軍を率いて救援に館を出陣。そこを長続があらかじめ配置していた伏兵と本隊で挟み撃ちにして二人を討ち取ります。

 長続は災いの元になる上相良氏を一気に討ち滅ぼし、不穏な空気一掃をねらった訳なんでしょう。
 そのためには下相良の兄弟に籠城させて長引びかせると家臣に反逆させる隙を生じてしまう。そこで頼觀・頼仙の気性を利用したのかも?

 どうやら下相良の兄弟って、ケッコウ血の気の多い兄弟だったのかもね? この戦いを[雀ヶ森の合戦]と呼ぶそうです。

 初代・頼景以来8代、約200年続いた上相良氏(多良木相良氏)はここに滅亡し、下相良氏が[相良氏]として球磨の全てを支配することになります。

 といってあっさり明治・廃藩置県で終了にはならないよ。(^_-)


(*1)2代・頼親の長子頼明は病弱で家督は継げず、のちに永留氏を開く。長続はその9代目。
(*2)下相良氏3代当主・頼俊の子の長俊が祖。


上相良氏の末裔は大内氏滅亡にも荷担したぁ〜!?            |||○| ̄|_
 上相良氏滅亡の原因を作った相良頼観の子{鬼太郎]は、球磨を逃れて周防の守護大名・大内氏の家臣になったと伝わっています。
 応仁の乱の頃、大内義興の家臣に
[相良正任]の名がみられ、鬼太郎の事ではないか?といわれています。
 さらに正任の子と思われる
[相良武任]は、大内義隆の側近として信任が厚く文官としての能力は高かった様ですが、譜代家臣の反感を買って出奔。後に陶氏の謀反で大内義隆を自害した時、武任も捕らえられ殺されています。もし相良武任が上相良氏末裔ならば、因果なもんです。